消費者金融 借り換え

更新日:2017/04/23

自己破産と宣言をする


普通の人は自己破産と宣言をする事は人生に一回あるかないかです。基本的に自己破産をしてしまうと、その後のお金の借り入れに制限がかかります。その為、自己破産を1回経験すると、もう経験したくないと思うのが普通なのです。

自己破産するには試験は不要で、ただ単に、公証人の前で自己破産を宣言するだけなのです。自己破産はできるだけ宣言しないべきです。有名人でもないかぎり、自己破産をした事で、何か問題になる事はありません。芸能人なら、テレビで言われて大変です。一般人であれば、自己破産ぐらいではマスコミは騒ぎません。

なので、自己破産はもう自分との闘いになります。自己破産に試験は必要ないとは言え、本当に自己破産するのか、手続きが必要になります。自己破産と宣言するまでには、すぐできる訳ではなくいくつか道のりが必要なのです。なので、まず自己破産を考えたら、まずは弁護士に相談するべきなのです。そうすれば、弁護士が助言をしてくれます。




消費者金融の借り換えサービスに注目


複数の消費者金融からキャッシングサービスを利用した現金の借り入れを行い、またその借金の返済をしている方に注目して欲しいサービスが、借り換えやおまとめローンといったサービスです。これは、このサービスを利用することで、複数の業者に跨った借金を一本化することができるようになるため、返済までの目処を付けやすくなるためです。

特に、どこの業者にどれだけの借金があるのかがほとんど分からないような状態で借金返済を長期的に続けているといった方にほど、借り換えサービスはオススメの方法でもあります。また、このサービスを提供している業者には、いわゆる大手の業者が多いといった点も、注目のポイントです。

消費者金融は、大手から中小規模までさまざまな業者がサービス提供を行なっていますが、全国規模で活動している、広告なども頻繁に目にするような大手の業者を利用した方が、返済の際の選択可能な手段の多さなどの面から見て、利用しやすい環境が整えられているのです。また現在の大手と呼ばれる消費者金融の大半は、銀行系列やそのグループ業者になっていることから、安心感や信頼感を強く持つことができるといった点も、見逃せない魅力となっています。




携帯、スマホのみでお金を借りる!


緊急にお金が必要になり、お金借りたいと銀行や消費者金融のカードローンを利用することもあるかと思います。近年、携帯電話やスマートフォンの普及により、来店することなくお金を借りることが当たり前に出来る時代になりました。では、どのような流れで融資を受けることができるのか、簡単に説明したいと思います。

■個人情報の入力
携帯電話より、融資を受けたいと思うところのサイトにアクセスし、お申し込みを押すと個人情報の入力フォームが表示されます。基本的にどの商品でも入力する内容に変わりはありません。氏名、住所、電話番号、勤務先の情報(住所、電話番号、年収、勤続年数など)と今現在他社から何件借りていてどのくらいの金額を借りているかなどです。

融資を受けたいがあまり、他社からの借り入れ件数や金額を偽って記入する方もいらっしゃるようですが、審査の際に調べられるので、嘘を言ってもバレてしまいます。正直に記入しましょう。この時点で身分証の提示もします。(審査結果後に提示することもあります)提示方法は、運転免許証などの身分証明書を携帯電話のカメラで写真を撮り、指定されたところに添付するだけです。コピーの必要もないため手間が省けますし、融資までの時間も短縮できます。

■審査
個人情報を入力後は融資可能かどうか審査が行われます。こちらは結果を待っているだけです。こちらが何かすることはないのですが、ほとんどの場合、勤務先への在籍確認の電話が来ます。この作業がない業者はほとんど無いと考えていたほうが良いと思います。

個人名でかかってくるため、基本的には問題ないかとは思いますが、勤務先によっては、電話連絡をされては困る方もいらっしゃるでしょう。そのような方の為に、直近の給料明細や源泉徴収表などを提示することで、電話連絡をしないという柔軟な対応を行っている業者もあるようです。

本人確認という作業もあり、一度は電話にてお話する形になるかと思います。申し込み内容の確認もその時行われます。スムーズにいけば、時間して30分程度で結果が来ます。 結果が出ると、電話又はメールにて連絡が来ます。

■融資を受ける
融資可能になったら本契約になります。近くに無人契約機等がある場合はそちらに出向いて、その場でカードを受け取り融資を受けることができます。近くに無いときは、銀行の営業時間内であれば、当日中に指定口座に振込みをしてもらい、カードは後日郵送にて届くということが可能な業者もあります。郵送の際も家族に内緒の場合は、封筒を分かりにくいものに変えてもらえる等の対処もしてくれます。

以上、簡単ではありますが、携帯電話・スマホのみで融資を受ける際の流れをお話しました。こうして簡単にお金を借りることが出来るのですが、あくまでもご利用は計画的に。




消費者金融を利用するメリット


消費者金融は、クレジットカードなどと同じような銀行からお金を借りることができるカードを利用して現金を引き出すことができる方法です。この方法を利用することの一番のメリットは、簡単に現金を手に入れることができるということです。一般に信販系のキャッシングを利用する場合には、お金が必要になってから審査を受けて現金を借りることができるようになるため、短時間と言っても現金を手にするまでには数時間の時間がかかります。

学生でも借りやすい消費者金融とは?と考えた時に、銀行のカードであれば、事前にカードを作って審査を受けておくことをおすすめします。借りたい当日になって審査を受ける必要がなく、ATMなどを利用して簡単に引き出せます。また、提携している金融機関のATMを利用することができるものも多いので、日本全国で利用することができるのも魅力になっています。また、返済方法はお金が準備できたらすぐに返済をしておけば、その分利息を少なくすることができます。

クレジットカードのキャッシングだと現金を引き出してから返済をするまでの期間は最初の段階で指定された日までになっています。そのため、そこまでの利息が自動的にかかりますが、銀行系の場合は返済したいときにすぐ返済をすることができるのでその分利息を少なくすることができます。このように消費者金融は、簡単に利用することができるのが大きなメリットです。ただし、大きな金額を借りることがなかなか審査で通らないのがデメリットになります。


住宅ローンと審査に関する紹介です


ある程度の金銭が貯まると、マイホームの購入を検討するのが一般的です。ただし、一度で購入費用を支払えない方に関しては、住宅ローンを組み、返済を進めていく事になります。住宅ローンを利用する場合には、複数の銀行の融資条件を比較し検討を重ねてから、決める事が重要となっています。これが、契約後において後悔をしない為の秘訣です。

数千万円の借入となるので、少しの金利差でも支払い総額が大きく異なります。また、住宅ローンを組む為には、審査を受けて合格をする必要があります。審査基準については緩く設定されているので、定期的な収入があって、勤続年数が長いサラリーマンの方であれば、審査に合格をする事が可能です。毎月の支払い額に関しては、ある程度融通がきくので、無理のない返済計画を作成する事が重要となります。そうすれば、途中で支払いが滞るような事態には陥らないです。契約を結ぶ時については、身分証明書などの書類が必須となるので、前もって準備を整えておく必要があります。そうすれば、手続きに要する時間を短くする事が可能となっています。

頭金を多く支払って借り入れ金額を少なくすれば、利息の負担が軽減されるので、ある程度の金銭を貯めておく事が大切です。これが、返済で苦労をしない為のポイントとなります。住宅ローンを組む事により税金を控除する事ができるので、税務署で申請をする事が求められます。この事を実践すれば、家計の負担を抑える事ができます。